Loading...

Loading...

Scroll

Blog

Development and Information etc...

Categories

Tags

Monthly Archives

Keyword

Back

Creative Coding Drill vol.7

2016.03.01

Category

Tags

第七回はOpenCVを使用した画像処理です。今回はシェーダ書いてません。
昔FLASHでつくったやつを移植してちょっといじった感じですね。

今回もopenFrameworksで実装してます。OpenCVのアドオンはofxCVを使用しています。

OpenCVを使用していると言っても、カメラの画像をthresholdメソッドで二値化しているだけです。
ActionScriptならライブラリとか必要ないんですけどね。。

二値化した画像をある程度のグリッドに分割します。その際のグリッドの1マスは、グリッドに含まれるピクセルの平均色になるので、二値化したままより色数は増えます。

そして、左上から走査していき、右隣、右下、下方向に同じ色があれば、正方形状に連結していく、という処理を入れてます。
ついでに、マウスのx座標によってthresholdのしきい値を、y座標によってグリッドの分割数を変えられるようにしています。

動体検知とか入れてもおもしろかったかも。
ソースコードはこちら

Related Posts

Top